3parのストレージの利点

subpage1

3parはさまざまなタイプのストレージシステムを販売してきていますが、2010年のHPによる買収移行はHPのシステムとの関係も深めながらも先進機能を次々と投入し、好評を得ています。

3parに対して関心度が高まっています。

3parのストレージは主に2つの特徴があります。

1つは自動化、2つ目は拡張性の高さです。
ストレージに求められる機能でもありますが、特に重要視されてきたのが自動化です。
ストレージでは拡張後、障害時などにストレージ容量を調整したり、ハードディスクを分離するなど自動化されてきた機能が沢山ありますが、中でもワークロードの最適化はビジネスにおいて必要不可欠な機能となっています。
ストレージは転送量が多くなるとワークロードの管理が重要ですが、多くがパラメータなどの初期設定は管理者が行う必要があります。

その後も随時管理者が対応することになるのですが、3parのストレージは完全自動化を果たしており、管理者無しでも十分実用に耐える仕組みとなっています。

OKWaveの情報を多数ご用意したサイトです。

また、データの再配置やワークベンチの設定なども自動で行われるので障害に強いだけではなく、重い処理がたくさん流れた場合でもパフォーマンスを最低限の減速に留める能力ができます。
また、拡張性も重要なストレージですが、3parのストレージは完全メッシュ構造なのでいつでも好きなタイミングで拡張可能です。


しかも、拡張後はすぐに拡張した領域を使えるように各種の調整が行われるのでビジネスに停滞をもたらしません。



知っておきたい常識

subpage2

3parの各ストレージは拡張性の高さに加えて、プロビジョニングなどの各機能が優秀であり、採用される事例が増えています。3parは2010年からHPで扱われており、その後も革新的なストレージシステムを多数販売してきています。...

next

詳しく知りたいなら

subpage3

企業では1人1台のPCではなく、リモートデスクトップ方式のバーチャルデスクトップを提供することが増えています。PCを提供するより保守メンテナンスにかかる手間が減ること、利用にあたってセキュリティも確保されるからですが、従来のデスクトップ環境はパフォーマンスが悪く、OFFICEなどのソフトウエアで動作がもたついたり、そもそも利用できないソフトがあるなどの問題が多数ありました。...

next

技術について思うこと

subpage4

3parのストレージは高性能でありながら扱いやすい、拡張性のあるストレージとして注目され、2010年にHPに買収されてからも最新技術を導入してきている企業です。3parのストレージはNUMAテクノロジーが導入されるなど、他のストレージとは違うポイントが多数あります。...

next

技術が気になる方

subpage5

多数のPCクライアントを用意するよりもVDIなどを利用したバーチャルデスクトップを利用する方がコストや保守面で優位性が高いのですが、速度面で劣ることから導入した後で問題となるケースが多くなっています。従来のVDIは仮想化してそれぞれのクライアントにデスクトップ画面を提供していますが、サーバが高性能ではない、また、高集積できないことからスペースの問題で台数が減るというケースが少なくありません。...

next